無料モニター【限定10枠】募集!
今日の1冊 絵本『まる まる』

福音館書店 仲辻悦子さく

シンプルなのにクセになる

子どもの頃、無性に何度も何度も読みたくなった絵本はありませんでしたか?そういう絵本はクセになってしまうような仕掛けが凝らしてあり、お子さんが自分で読むにももってこいです。

まる、だけなのにハマる

『まる まる』は1993年「こどものとも年少版」が発行されたロングセラー。私自身も幼稚園児の頃に読んだ記憶があります。

「まる」という形がテーマのこの絵本。ほぼほぼ「まる」だけがひたすら登場する斬新な発想が面白い。例えば動物のキャラクターだとか、人間のキャラクター、あるいは果物や野菜などは一切登場しません。

「まる」だけなんだけれども、何度も何度も読み返したくなるのは、「まる」が様々な表情に変化するからです。

にこにこ笑顔の「まる」、悲しそうな「まる」、威張った「まる」・・・

シンプルなのにこだわりを感じる仕掛け

「まる」い形に切り取られた部分が随所にあるのですが、1つのまるがページをめくることで他の表情を持つような仕掛けがしてあります。

ある種の仕掛け絵本ではあるのだけれども、飛び出したり動いたりするのではなく、シンプルな「まる」い切り抜きが変化していくところに魅かれます。

「仕掛け絵本は高くて手が出ない」「手ごろな価格で子どもの興味を引く1冊が欲しい」という方におすすめです。

今日の1冊カテゴリの最新記事